MENU

閉じる


ホーム > くらしの情報 > 健康・医療 > 浦河町保健センター > 新生児聴覚検査

新生児聴覚検査

新生児聴覚検査とは

新生児聴覚検査は、生まれてすぐに実施する聴覚検査で、先天性の聴覚障害の発見を目的しています。検査方法は病院によって異なることがありますが、基本的には赤ちゃんが寝ている間に音を聞かせて脳の反応を見る検査です。多くの赤ちゃんは生まれた病院で、入院中に検査します。

対象 浦河町に住所がある申請時の保護者
場所 総合病院浦河赤十字病院
助成額 3,000円
助成方法 検査を実施した病院に「新生児聴覚検査(初回検査)受診票」を提出すると検査料から助成額3,000円が引かれます。
残りの額を支払ってください。
自己負担額:約2,400円程度

町外の医療機関で出産される場合

浦河赤十字病院以外で検査を受ける場合も、3,000円を上限に助成を受けることが出来ます。

手続き方法

  • 新生児聴覚検査受診票は使用せず、一度医療機関で検査費用の全額を支払います。
  • 検査後保健センターに申請すると、町から助成額が支払われます。
  • 申請期間は検査日から1年間です

申請に必要なもの

  • 新生児聴覚検査費用償還払い申請書(保健センターにあります)
  • 聴覚検査費用が分かる領収書
  • 聴覚検査の検査結果(母子健康手帳に記入してあるものでも可)
  • 預金通帳(払い戻しの口座になります)
  • 印鑑(シャチハタ以外)

お問い合わせ先

保健センター 電話:0146-26-9004 FAX:0146-22-1240  [お問い合わせフォーム]

お知らせ