MENU

閉じる


ホーム > くらしの情報 > 出産・子育て > 保育所(園)・幼稚園 > 幼児教育・保育の無償化について

幼児教育・保育の無償化について

令和元年5月に、子ども・子育て支援法の一部を改正する法律が成立し、令和元年10月1日より、「幼児教育・保育の無償化」が開始されます。

制度の概要

生涯にわたる人格形成の基礎を担う幼児教育・保育の機会の保障、幼児教育の負担軽減を図る総合的な少子化対策の一環として実施されます。

 無償化の対象者

・3歳から5歳のすべての児童(4月1日時点の年齢)
 ※幼稚園、認定こども園(幼稚園部門)を利用する児童は、入園に合わせて満3歳から無償化の対象になります。

・0歳から2歳の住民税非課税世帯の児童(4月1日時点の年齢)

※給食費、通園送迎費(バス代)などは、これまでどおり保護者の負担になります。ただし、年収360万円未満相当世帯のお子さんとすべての世帯の第3子以降(年齢要件あり※)の児童については、副食(おかず、おやつなど)の費用が免除されます。

【※年齢要件について】
 世帯の収入状況や子どもの年齢等によってカウントできる子どもが変わることがありますので、子育て医療課担当係までお問合せください。

町内で無償化の対象となる施設・サービスについて

無償化の対象となる施設・サービスは、認可保育所や認定こども園のいわゆる新制度施設である「特定教育・保育施設」のほかに、認可外保育施設や預かり保育等のサービスを行っている施設など、浦河町の確認を受け、公示された「特定子ども・子育て支援施設等」になります。
詳しくはこちらの「無償化対象施設一覧」.pdfPDFファイル(85KB)このリンクは別ウィンドウで開きますをクリックしてください。

 無償化となるために必要な手続きについて

現在、預かり保育や一時預かり事業をご利用の方や、認可外保育施設をご利用されている方で無償化の対象となるためには「保育の必要性」の認定を受ける必要があります。
詳しくはこちらの「子育てのための施設等利用給付費について」.htmlこのリンクは別ウィンドウで開きますをご覧ください。

お問い合わせ先

子育て医療課 電話:0146-26-9002 FAX:0146-22-1240  [お問い合わせフォーム]

お知らせ