MENU

閉じる


ホーム > 町長室 > 町長日記 > 光と影

光と影

 昨今、郵便局の営業のあり方がおおきな問題となっている。振り返ればこの30年ほどの間に多くの国営の事業が民営化されてきた。比較的当初のもくろみ通り運営されているものもあるし、大きな課題をかかえているものもある。

 その象徴的な最たるものが国鉄の分割民営化ではなかろうか。当時から北海道、四国、九州、貨物の4社の経営環境の厳しさは指摘されてきた。30年余りが過ぎて当時の国会議論のとおり、東海、東日本、西日本の3社は順調な経営を続けている。その一方で他の4社の経営環境は厳しい。

 JR九州にしても鉄道部門は大苦戦である。3社が光とすれば4社はいわば民営化の影の部分といっても過言ではない。郵政民営化にしても、これだけ問題が噴出すれば、はたして光の部分はあるのか疑問を禁じ得ない。あの国論を二分した結果がこれであれば、あまりにも厳しい結果を私たち国民は突きつけられているのではないか。

 

お問い合わせ先

総務課 電話:0146-22-2311 FAX:0146-22-1240  [お問い合わせフォーム]

町長日記