MENU

閉じる


ホーム > スポーツ・文化・生涯学習 > スポーツ > スポーツ大会等結果 > 浦一中出身の角井小夏さんが全日本吹奏楽コンクールに出場します!

浦一中出身の角井小夏さんが全日本吹奏楽コンクールに出場します!

全日本吹奏楽コンクール出場の角井小夏さん

10月20日に愛知県名古屋市で行われる第67回全日本吹奏楽コンクールで、浦河第一中学校出身の角井小夏さんが所属する札幌日本大学高校吹奏楽局の出場が決まりました。
角井小夏さんは、アルトサックスを担当します。

浦一中2年生の横濵一翔さんが全日本少年柔道大会出場決める!

マルちゃん杯出場 横濵一翔

9月22日に東京都足立区で行われる2019年度マルちゃん杯全日本少年柔道大会の中学生男子の部で、浦河第一中学校2年生の横濵一翔さん(えりも柔道少年団所属)の出場が決まりました。

浦高陸上部の田畑皓平さんが全国大会出場決める!

走り幅跳び田畑選手全国大会出場

8月4日から沖縄県沖縄市で行われる秩父宮賜杯第72回全国高等学校陸上競技対校選手権大会の男子走り幅跳で、浦河高校陸上部で3年生の田畑皓平さんの出場が決まりました。

浦河高校馬術部が全国大会出場を決める!

写真部全国大会懸垂幕

7月23日から静岡県御殿場市で行われる第53回全日本高等学校馬術競技大会で、団体として浦河高校馬術部の出場が決まりました。
また、8月20日から苫小牧市ノーザンホースパークで行われる第30回全日本高等学校馬術選手権大会では、浦河高校2年生で馬術部の大池駿和さん、同じく2年生の宮内勇樹さんの出場が決まりました。

浦河高校馬術場は、昨年に続き2年連続での全国大会出場となります。

浦高写真部の久保田晴妃さん、全国文化祭への出場決まる!

写真部全国大会懸垂幕

7月27日から佐賀県で開催される第43回全国高等学校総合文化祭の写真部門で、浦河高校3年生で写真部の久保田晴妃さんの出場が決まりました。
平成27年度に設立した浦河高校写真部による全国大会への出場は、平成28年度大会に続き2回目の出場となります。

【写真】懸垂幕の前で出品作品を持つ久保田晴妃さん。

7連勝でGⅠ初制覇!浦河産馬インティ号

フェブラリーステークス制覇インティ号

2月17日、東京競馬場で開催された中央競馬のGⅠレース「フェブラリーステークス」で、野深の山下恭茂牧場生産のインティ号が見事優勝し、同牧場初のGⅠ制覇を達成しました。
浦河産馬のGⅠ勝利は平成28年5月以来2年9か月ぶり。7連勝したインティ号の今後のレースにも期待が高まります。

インターハイ・国体のスケート大会で浦河町出身者が大活躍!

全国高校・国体スケート懸垂幕

1月22日から福島県郡山市で行われた第68回全国高等学校スピードスケート競技選手権大会(インターハイ)で、山形中央高校2年生の福田琴音さん(浦二中出身)が女子団体追い抜きで優勝、3000mで3位となりました。また、同校2年生の関口佳弘さん(荻伏中出身)が男子団体で準優勝となりました。

また、1月30日から釧路市で行われた第74回国民体育大会冬季大会スケート競技会で、福田琴音さんは2000mリレーで見事優勝、3000mでは3位の成績を収めました。

インターハイでは、浦河町出身者の次の選手が出場、各種目で健闘されました。

  • 帯広農業高校:平泉博貴さん(浦二中出身)、1500m・2000mリレー・男子団体追い抜きに出場
  • 池田高校:駒ひなこさん(浦一中出身)、3000m・女子団体追い抜きに出場
  • 帯広農業高校:寺越大将さん(浦二中出身)、500m・2000mリレーに出場
  • 帯広南商業高校:多田健二さん(浦二中出身)、1000m・1500mに出場
  • 帯広南商業高校:富岡百恵さん(浦一中出身)、1000m・1500mに出場
  • 帯広農業高校:富岡真望さん(浦一中出身)、5000mに出場

健康寿命の向上に挑んだ浦高生、研究成果が日本一に!

浦一中の生徒らが剣道大会の全国大会出場を祝う懸垂幕

全国の高校生と大学生から政策アイデアを募集・審査する和歌山県主催の「第2回データ利活用コンペティション」の高校生部門で、町民の健康寿命の向上に挑んだ浦高3年生の髙橋沙南さん、髙津大輝さん、杉山有沙さん、川口裕佳さん、古川壮太さん、中村菜摘さん、二本柳純希さんによる研究成果が大賞に選ばれました。

全国から41点の応募があった高校生部門は、「高齢者が活躍できる社会づくり」がテーマ。浦河高校の課題研究10班のメンバーは、昨年6月から3カ月間、「浦高生と一緒に体力・脳力アップ講座」をまちなか元気ステーションで開催。柔軟性や筋力の向上に取り組んできました。

受賞したメンバー7人は、2月16日(土)午後1時から、まちなか元気ステーションで開催する「浦高生カフェ」で、受賞の報告会を行う予定です。

祝出場!第39回全国中学校スケート大会

浦一中の生徒らが剣道大会の全国大会出場を祝う懸垂幕

1月5日から7日にかけて苫小牧市で開催された第49回北海道中学校スケート・アイスホッケー大会のスピードスケート競技で、浦河町の中学生4人が各距離予選上位に入賞。男子500mでは、鮫川友希さん(荻伏中)が見事優勝を収めました。

各距離予選上位者は、次のとおりです。なお、2月2日から長野県長野市で開催される全国大会への出場が決まっています

  • 鮫川友希さん(荻伏中)500m・1000mに出場
  • 吉田菜緒さん(荻伏中)500m・1000mに出場
  • 中山萌さん(荻伏中)500m・1000mに出場
  • 浅木晶斗さん(浦一中)1000m・5000mに出場

ウィリアムソンレミ選手が日本代表に選出!

浦一中の生徒らが剣道大会の全国大会出場を祝う懸垂幕

浦河第二中学校出身のウィリアムソンレミ選手が、今季後半戦のスピードスケート国際大会代表に選出されました。

出場する大会は、次のとおりです。

  • ワールドカップスピードスケート競技会第5戦・3000m(ノルウェー・2月1日~3日)
  • 世界距離別スピードスケート選手権大会・5000m(ドイツ・2月7日~10日)

ウイリアムソン師円選手 W杯男子団体追い抜きで優勝

浦一中の生徒らが剣道大会の全国大会出場を祝う懸垂幕

12月7日から9日にかけて、ポーランド・トマショフマゾウィエツキを舞台に行われたワールドカップスピードスケート競技会第3戦に出場したウイリアムソン師円選手(浦二中出身)が、団体追い抜きで見事優勝されました。

日本男子団体追い抜きでの優勝は、2季振り2度目のことです。

スピードスケートワールドカップ日本代表 浦二中出身の3選手が活躍!

20182107kenuimaku

11月23日から25日かけて行われたスピードスケートワールドカップ苫小牧大会に出場したウイリアムソン師円選手(浦二中出身)が、男子チームパシュートで3位入賞。小田卓朗選手(浦二中出身)が、男子1000m(Bクラス)で1位となりました。

また、11月24日から25日にかけて、ポーランド・トマショフマゾウィエツキを舞台に行われたジュニアワールドカップスピードスケート競技会第1戦に出場したウィリアムソン レミ選手(浦二中出身)が、女子3000mにて見事優勝を収めました。

今後の競技日程は、次のとおりです。

ワールドカップスピードスケート競技会(前半戦)

小田卓朗選手、ウイリアムソン師円選手

  • 第3戦 ポーランド トマショフマゾウィエツキ(平成30年12月7日~9日)
  • 第4戦 オランダ ヘレンベーン(平成30年12月14日~16日)

浦一中の生徒らが内閣総理大臣杯授与第36回若鷲旗剣道大会に出場!

浦一中の生徒らが剣道大会の全国大会出場を祝う懸垂幕

浦河第一中学校と様似中学校の生徒で構成する剣道の混合チームが、12月25日に兵庫県で開催される内閣総理大臣杯授与第36回若鷲旗剣道大会に出場することが決まりました。10月13日に新十津川町で開催された北海道予選会で3位に入賞し、全国大会の出場権を獲得したものです。浦河から全国大会への出場は、平成26年に男子団体が出場以来、4年振りとなります。

  • 先鋒|伊東蒼葉さん(浦一中・1年生)
  • 次鋒|瀬尾椿さん(浦一中・1年生)
  • 中堅|嶋野加菜さん(浦一中・1年生)
  • 副将|瀬口和奏さん(様似中・1年生)
  • 大将|伊東香鈴さん(浦一中・2年生)

祝優勝!辻牧場生産のアンジュデジールがJBCレディスクラシック制覇

20181031kenuimaku

11月4日に京都競馬場で行われた第8回JBCレディスクラシックで、辻牧場生産のアンジュデジール(横山典弘騎手)が見事優勝し、GⅠ初勝利を果たしました。

交流戦も含めたGⅠの制覇は、浦河町では平成28年11月のJBCレディスクラシック以来2年ぶりの快挙です。

祝優勝!第71回全国装蹄競技大会 吉川誠人さん

20181031kenuimaku

10月15日、16日の両日に、栃木県宇都宮市で開かれた第71回全国装蹄競技大会で、JRA日高育成牧場勤務の吉川誠人さんが初優勝を果たしました。

また、来年3月にアメリカで開かれる全米装蹄競技大会に、日本代表として出場することが決まっています。

祝優勝!インターハイ陸上競技4×100メートルリレー 吉田梨緒選手

平成30年8月2日から三重県伊勢市で行われたインターハイ陸上競技4×100メートルリレーで、立命館慶祥高校3年の吉田梨緒選手(荻伏中出身)が見事優勝しました。

吉田さんが第1走者を務めた立命館慶祥高校は、決勝で45秒68の北海道の高校新記録で初優勝、北海道勢の優勝は11年ぶりの快挙です!

祝出場!インターハイ陸上競技 吉田梨緒選手、宮崎奈月選手

平成30年8月2日から三重県伊勢市で行われるインターハイ陸上競技に、立命館慶祥高校3年の吉田梨緒選手(荻伏中出身)と恵庭北高校3年の宮崎奈月選手(浦一中出身)の出場が決まりました。

吉田さんは、4×100メートルリレー、走り幅跳びに出場。宮崎さんは、走り高跳び、やり投げに出場します。

お問い合わせ先

企画課 電話:0146-26-9012 FAX:0146-22-1240  [お問い合わせフォーム]

お知らせ