MENU

閉じる


ホーム > 浦河消防署 > 消毒用アルコールの安全な取扱い

消毒用アルコールの安全な取扱い

新型コロナウイルスの感染拡大防止に伴い、手指の消毒のため、消毒用アルコールを使用する機会が増えていると思います。

消毒用アルコールは、火気により引火がしやすく、取扱いを誤るとたいへん危険なものとなってしまいます。

 

消毒用アルコールを使用する場合には、火災予防上、次のことに注意して安全に取り扱ってください。

(1)使用する際は、火気の近くでは使用しないこと。

(2)室内の消毒や消毒用アルコールの容器詰替えを行う際は、可燃性蒸気が滞留するおそれがあるので、

 通風性のよい場所や換気が行われている場所等で行うこと。

 また、みだりに可燃性蒸気を発生させないため、密閉した室内で多量の消毒用アルコールの噴霧は避けること。

(3)消毒用のアルコールの容器を設置・保管する場所は、直射日光が当たる場所や高温となる場所を避けること。

 また、消毒用アルコールの容器を落下させたり、衝撃を与えたりする等しないこと。

(4)消毒用アルコールを容器に詰め替える場合は、漏れ、あふれ又は飛散しないよう注意するとともに、

 詰め替えた容器に消毒用アルコールである旨や「火気厳禁」等の注意事項を記載すること。

(200KB)このリンクは別ウィンドウで開きます※参考資料:『消毒用アルコールの安全な取扱いについて』総務省消防庁

 

消防法や火災予防条例の規制数量について

〇 消防法により「許可」が必要な数量

    消毒用アルコールを400L以上、貯蔵・取扱いする場合

〇 火災予防条例により「届出」が必要な数量

 ・ 事業所

   消毒用アルコールを80L以上、400L未満、貯蔵・取扱いする場合

 ・ 一般住宅

   消毒用アルコールを200L以上、400L未満、貯蔵・取扱いする場合

※ これらの数量を貯蔵・取扱いする場合は、事前に『浦河消防署 予防課指導係』まで御相談下さい。

 

 

上記のことに注意して正しい使用をお願いします。    

お問い合わせ先

浦河消防署 電話:0146-22-2144 FAX:0146-22-6550  [お問い合わせフォーム]

お知らせ