MENU

閉じる


ホーム > くらしの情報 > 防災・防犯・交通安全 > 「浦河町防災ハンドブック」を作成しました

「浦河町防災ハンドブック」を作成しました

 町では、災害時の持出品や備蓄品の家庭における備え、災害発生時(地震・津波)の行動、大雨などの避難に関する情報や災害情報の入手方法について記載した「防災ハンドブック」を」作成し、広報誌(2019.8月号)と一緒に各ご家庭に配布します。

 ふだんから身近なところへ備えていただき、防災についての話し合いなどご家庭における防災対策に、ぜひご活用ください。

  役場町民課窓口、荻伏支所、浦河町総合文化会館2階で配布しています。ダウンロードも可能です。

浦河町防災ハンドブックPDFファイル(5501KB)このリンクは別ウィンドウで開きます(←ダウンロードはこちらから)

ハザードマップ(災害危険区域図)も確認しましょう

災害に備えて、災害が発生しやすい場所や、災害が発生した際の避難場所を知っておくことが大切です。

町では、災害に備える「防災」と、災害時の被害を少しでも減らす「減災」に役立ててもらうことを目的に、津波、洪水・内水、土砂災害、3つのハザードマップを発行しています。

ハザードマップには危険個所や避難場所だけでなく、災害情報の伝達方法や、避難するときの注意点なども掲載されています。日ごろから確認していただき、隣近所の方にも情報の共有をお願いいたします。

※新しいウィンドウで開きます。

 

お問い合わせ先

 浦河町総務課危機管理室 電話 0146-22-2311
 

お知らせ