MENU

閉じる


ホーム > 町長室 > 町長日記 > 東京出張

東京出張

 広尾えりも様似浦河の4町で、えりもの緑化事業を題材にした映画を作ろうと活動している。監督は浦河町出身の田中光敏氏にお願いしている。えりもの緑化事業は4町はもとより北海道が世界に誇る偉業だ。sdgsの環境目標を半世紀以上前に、先取りした取り組みと言っても過言ではない。何としても映画化を実現したいと強く願い活動している。

 今回の東京行きはその映画化するにあたっての、スポンサー探しの出張である。4町長のそろっての出張も検討されたが、感染リスクを考慮して少数での要請行動となった。飛行機の便数の少なさ、乗客の圧倒的な少なさ、定宿のある新橋の歩行者も少ないし、国会議員会館も閑散としている。改めて縮小している経済活動を肌身で感じたし、危機感を覚えた。

 都市部の経済活動の萎縮は軽種馬や水産物をはじめとする1次産業が、経済の柱の我が町にとってけっして他人事ではないのだ。ボクシングで「ボディブローのように効く」というが、今の世界経済はフックもカウンターも同時に浴びているような危機的状況だ。経済活動の活発化のためには、新型コロナの1日も早い終息を強く願っている。それが難しい場合は治療方法の確立とワクチン生産を強く期待している。

 東京から戻って2週間は感染リスクを避けて、職場にはやむを得ない場合を除きなるべくいないようにしている。テレワークというほど大げさではないが家にいるようにしている。あと3日ほどで目安の2週間だがこれが長いしもどかしい。今回の東京出張とテレワークもどきで、人と顔を合わせて話すことの意義を強く感じている。

お問い合わせ先

総務課 電話:0146-22-2311 FAX:0146-22-1240  [お問い合わせフォーム]

町長日記