MENU

閉じる


ホーム > 町長室 > 町長日記 > 閉塞感

閉塞感

 新年あけましておめでとうございます。つつがなく新年を迎えられましたこと心よりお喜び申し上げます。 

 新しい年となった。我が家でも新年を迎えるにあたり玄関に松を飾り、仏壇や神棚を掃除し繭玉を飾り鏡餅を供えた。毎年の我が家の習わしのとおりの正月を迎えることができた。しかし、何かが違うのであるそれはなにか。多くの皆さんと同じように心の弾み方がいつもの正月とは違うのである。

 世の中の状況のことをたとえて「閉塞感」とあらわすことがある。この一年間、世界中で多くの国で人々は閉塞感を感じていたのではないか。このコロナ過での閉塞感は私自身はふだんメディアで使用されている意味と、レベルもステージも明らかに違う真の意味の閉塞感だと感じた。家族が集いみんなでに正月を祝うことに、後ろめたさを感じるなんてそうそうあることではない。

 おりしも日本の各地で患者数が激増し、都道府県によっては緊急事態宣言が発令されている。浦河町は皆さんのご努力とご協力で、なんとか少ない発生数となっている。なんとしてもコロナを封じ込めるため、町民のみなさんには心苦しいが、いましばらくのご辛抱をお願いしたい。

 「夜明け前が一番暗い」と言われます。コロナを正しく恐れてコロナに打ち勝ち、みんなで旅ができるみんなで食事ができる、ふつうの日を取り戻すためみんなでがんばりましょう。みなさんのご協力を切にお願いいたします。

 

お問い合わせ先

総務課 電話:0146-22-2311 FAX:0146-22-1240  [お問い合わせフォーム]

町長日記